EverDrive ご利用者の声

娘を安心させたくて

I.S様(千葉県・80代) 
ご利用者 I.S様(千葉県・80代) 

契約のきっかけ

娘は車で2時間くらいの場所に住んでいるのですが、帰ってくるのは盆と正月を入れて年に3~4回くらいです。孫のことや自分の仕事も忙しいですからね、そう簡単には帰ってこられないようです。その分、メールなどSNSでお互いの状況を報告し合っています。
昨年、法律が変わって75歳以上の免許更新が厳しくなった時は、テレビで話題になっていましたよね。高齢ドライバーの事故がニュースでよくとりあげられるようになり、その頃からでしょうか、娘から「運転免許を返納したらどうか」と連絡が入るようになったんです。ですが、実際に生活する上で私も妻も車は必要でしたから、娘にどう返事をしたらよいか悩んでいた時、妻がテレビでEver Driveを知り、資料を取り寄せてくれました。「運転を見える化して運転情報を家族と共有できる」というところが良いと思い、娘に「(Ever Driveを)契約してみようと思う」と連絡したところ、娘もすぐに賛成してくれました。

車についての本音

私たち夫婦は、ほぼ毎日、スーパーマーケットに車で出かけます。病院は整形外科、内科、耳鼻科などかかりつけ医があるのですが、それらも全て車です。何処も車で5~10分程度の距離ですが、買い物だったら重い荷物もありますし、夏場や冬場は車以外の移動手段など考えらません。
娘からは免許を返納してタクシーを使ったらどうかと言われます。でも、都度タクシーを手配するは正直面倒ですし、外出がおっくうになるのも心配です。家にとじこもりがちになると認知症になりやすいと聞きますし、外出時はなるべく自分で運転したいと考えています。

契約してよかったと思うこと

Ever Driveを契約して一番よかったのは娘が喜んでくれたことです。私自身にとっては、引き続き車のある生活を続けられることでしょうか。
実は、私は長年ペーパードライバーでした。運転するようになったのは50代になってからで、その頃すでに娘は独立していました。つまり娘は私の運転の様子を近くで見てきたわけではありません。なので、このEver Driveの「運転の見える化」は、私たち親子にとても都合の良いサービスでした。

これからのこと

これからは私たちが元気に生活している様子を「娘に見せる手段」として利用できればと考えています。私たち夫婦にとって車と日常生活はセットですから、買い物や通院がタイムリーにEver Driveのサービス画面に反映されるので、電話やSNSを使わなくても自動的に生活の様子が娘に伝わるわけです。指定場所到着のお知らせメール機能※を使えば、更に娘に安心してもらえると思います。

先日、ドライブレコーダーも近くの整備工場に相談して取り付けてもらいました。普段の運転はEver Driveでチェックして、事故やあおり運転など「何か」が起きた場合はドライブレコーダーの映像記録を活用するという二段構えです。運転に影響する視力の衰えや身体の変化には、特に注意して生活しています。運転を卒業する日はそう遠くはないと思いますが、元気なうちは自分で運転して生活したい、それが私の思いです。

※あらかじめ登録した場所(自宅など)に到着してエンジンを切った時、メールでお知らせします。メールの宛先は最大5名まで設定可能です。