そろそろ運転、やめてほしいのだけど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免許返納、どこに相談したらよいか

最近、高齢ドライバーが起こす交通事故のニュースが頻繁に報じられています。それを見て「自分の親は大丈夫か?」と不安になる方もいらっしゃると思います。
漠然とした不安ではなく、具体的に親御さんの認知症が進行しているとか、すでに何度か事故を起こしたというように明確な根拠がある場合は、一日も早く運転をやめてもらわねばなりません。不幸な事故が起きてからでは遅いのです。

もし家族が親御さんを説得できない場合、お近くの警察署や各都道府県が設置する運転適性相談窓口に相談しましょう。

警察庁ホームページより
運転免許証の自主返納について
運転適性相談窓口について

運転はボケ防止にも役立つ

一方、根拠はないものの漠然と不安という方は、一足飛びに免許返納を迫るのは別の意味で危険です。
「車を運転する」という行為は、親御さんの生活だけでなく、親御さん自身の健康を保つのにも役立っているからです。

運転というのは、数多くの情報を分析し、いくつもの選択肢から最適なものを判断し、そのうえで手足に動かすということを瞬時に行う、たいへん高度な動作です。運転を止めた途端に、それまで元気だった親御さんがふさぎこみがちになったとか、認知症になったという話を聞いたことがあるかもしれません。
安全に運転しているのであれば、一日でも長く運転を続けられるよう、親御さんを家族で見守ってあげてください。

<自主返納をためらう理由>

詳しくは運転免許証の自主返納に関するアンケート調査結果(警察庁)をご覧ください。

運転の見守りに役立つEver Drive

Ever Driveは、急ブレーキ、急加速、速度超過など運転リスクの高い挙動について、回数や強さ、速度など細かいデータを記録します。また、運転日時、運転距離、運転時間、行き先も記録されますので、車をどのように使っているかが分かります。
また、日々の生活で車を使うシーンを把握しておけば、将来、免許を返納した後の移動手段を検討するときに役立ちます。

Ever Drive「行き先の履歴」は、エンジンを点けてから切るまでを記録します

上述したように、強引に免許を返納させることはドライバーに大きな精神的ダメージを与えます。緊急性や必然性がない限り、強硬手段に出るのはお勧めできません。
ご家族全員が納得したうえで運転を卒業し、新しい生活の質も極力下げないようにするため、Ever Driveをご活用ください。

Ever Driveの仕組み

 

Ever Driveは、高齢者安全運転支援研究会の認定サービスです
Ever Driveは、車両に取り付ける専用デバイスでドライバーの運転状況をリアルタイムに検知。日々運転していると気づきにくい危険な運転挙動、車両の現在位置や走行ルートを可視化します。

お申し込みの流れ


※契約申込書類をご郵送いただいてから専用デバイスの取り付け(契約開始)まで3〜4週間かかります。
※ 取付作業の実施可能日は、月~土(※祝日を除く、9:00~18:00)となります。具体的な日程は取付作業店から連絡し、調整させていただきます。日程調整後、取付作業店がご指定場所に訪問し、専用デバイス取付作業を実施します。(作業時間約30分~1時間程度)

まず、お客さまのクルマが Ever Drive に対応しているか対応車種診断でご確認の上、お申し込みください。

お支払い方法

お支払いは銀行の口座振替(引き落とし)、もしくはクレジットカードから選択いただけます。

お支払日は、銀行口座からの引落し日の場合は毎月末日、
クレジットカードの場合は、ご選択いただくカード会社の決済日となります。

料金は後払いです。

VISA
(ビザ)

MasterCard
(マスターカード)

JCB
(ジェーシービー)

AMERICAN EXPRESS
(アメリカンエクスプレス)

DinersClub
(ダイナースクラブ)

公式ホームページ

Ever Driveの効果実証データなどは、公式ホームページをご確認ください。

あんしん運転見守りサービス Ever Drive あんしん運転見守りサービス Ever Drive

関連記事