サポカー補助金を申請してみようか・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サポカー補助金って?

2020年3月9日より、サポカー補助金の申請受付が開始されました。

サポカー補助金制度とは、65歳以上の高齢ドライバーを対象に、”サポカーSワイド”の購入を支援する制度です。

そもそも、“サポカーSワイド”と“サポカー”で何が違うかというと、搭載する機能の差です。

“サポカー”は衝突被害軽減ブレーキを搭載するもので、高齢者に限らずすべてのドライバーに推奨されています。

一方で、“サポカーS”は衝突被害軽減ブレーキに加え、ペダル踏み間違い急発進抑制装置などを搭載するものが該当し、特に高齢者に推奨されています。

さらに、“サポカーS”は以下3つの区分があります。

【サポカーSの3区分】

ワイド ・ペダル踏み間違い急発進抑制装置
・衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者
車線逸脱警報
先進ライト
ベーシック+ ・ペダル踏み間違い急発進抑制装置
・衝突被害軽減ブレーキ(対車両)
ベーシック ・ペダル踏み間違い急発進抑制装置
・低速衝突被害軽減ブレーキ(対車両)

 

サポカー補助金制度ではこの“サポカーS”の中でも最も高機能な“ワイド”が対象となります(“サポカー”でも、対歩行者の衝突軽減ブレーキがあれば少額補助の対象となります)。

サポカーの機能は事故発生直前に発動。では日頃の安全運転のサポートは?

ご存知の方も多いと思いますが、ハインリッヒの法則では「1つの重大事故の裏には、29件の軽微な事故があり、300件のヒヤリハットがある」とされています。そして、300件のヒヤリハットの背景には無数の不安全行動があると言われています。これは労働災害についての法則ですが、自動車事故にも通じるものです。

サポカーSワイドは「とても高機能で安心」と考える方もいらっしゃると思います。

しかし、サポカーSワイドの多くの機能が、前述のヒヤリハットに対するものであり、無数の不安全行動に対しては何も効果がないということをお気づきでしょうか?

そこで、ご提案したいのが、あんしん運転見守りサービス「Ever Drive」です。

Ever Driveなら、速度超過や急ブレーキの発生回数を客観的なデータで見える化することができます。

急ブレーキ等が発生した場所がマッピングされますので、ドライバーご本人がどの運転が悪かったのか振り返りやすく、不安全行動の一部である危険挙動の改善に役立ちます。

サポカー補助金の活用に加えてEver Driveをご利用いただくと、ヒヤリハット対策だけでなく危険挙動の対策にもなり、安全に対する備えがより整うと思います。

サポカー補助金をご検討の方は、ぜひEver Driveもあわせてご検討ください。

Ever Driveとは

お知らせメール

危険な運転があったらリアルタイムにメールでお知らせ。発生場所も分かる。

 

 

 

ヒヤリハットマップ

ヒヤリハットマップで危険な運転を起こした場所をチェック

今どこサーチ

該当の車が、どこにいるかリアルタイムで分かるので安心!

Ever Driveをご利用いただいている皆さまから、喜びの声をいただいています。

母が高齢で一人暮らしのため、自宅で倒れていないか気になっていた。ほぼ毎日、車で出かけるため、元気でいることの確認がとれて安心できている。

(千葉県・53歳)


父から、いつも一緒に運転してるつもりで安全運転しているよ、と言ってもらった。以前より信頼されている気がします。

(京都府・49歳)

Ever Driveをきっかけに父と話し合いを続け、結果として日常の長距離運転を止めてもらうことができました。

(滋賀県・57歳)

離れて住む親の生活が見えてきたことが自分の安心感につながっている。親と言い争うことも減った。

(神奈川県・44歳)

Ever Drive契約者アンケートの結果

Ever Driveのご契約者さまにアンケートを実施しました。(有効回答数94、実施時期2018年11月)


高齢の親御さんのために契約した方の中で、契約の目的で最も多かったのは、当然ながら「親が安全運転しているか見守るため」でしたが、次いで、「ドライバーの運転状況を知り、状況によっては免許返納を促すため」でした。
背景として、子供たちが心配のあまり「運転をやめろ」と言っても簡単に首を縦にふらない親御さんがいて、結論の出ない口論をすることより、なにか行動したいと思う方々が契約をされていることが分かります。

Ever Driveは日々の運転状況を「見える化」します。具体的かつ客観的なデータをもって親御さんと運転について話し合うことで、お互いの納得度が高くなります。
ご契約者さまの中には、「思ったより親が安全運転だったので安心できた」という方もいらっしゃいました。
見守る人の不安を減らすことができるのも、Ever Driveの効果のひとつです。

次に、Ever Driveを契約した目的は達成しているかお聞きしたところ、ほぼ8割の方が「目的を達成している」と回答されました。

また、「Ever Driveに事故削減の効果があると思うか?」をお聞きしたところ、8割の方が「あると思う」と回答されました。

Ever Driveには、自動ブレーキや車線逸脱防止システムのように、運転中の危険をその場で防ごうとする機能はありません。あくまでも運転状況をデータで「見える化」するサービスです。なぜご契約者さまは「事故削減の効果がある」と思うのでしょうか。
それは、Ever Driveが日々の運転を記録し、家族に共有されることで、ドライバーが「自分の運転は見られている」と意識して運転するようになるからです。人は「誰かに見られている」と思えば慎重に行動するもので、それらが運転にも表れるのでしょう。

 

Ever Drive 商品の特長

ドライバー向け機能

自分では気づきにくいリスクポイントがわかる!

急ブレーキなどの危険挙動が、いつ、どこで発生したのかを地図でチェックできます。

ご自身の運転状況が見直せる!

毎日の走行距離や運転時間など、走行データを見直すことができます。

ご家族向け機能

連絡が付かなくても現在位置がわかる!

出かけてから連絡がなくても、車両の現在位置を確認することができます。(※1)

(※1)車両が電波の届かない場所にある場合、現在位置の確認はできません。

リスクが高い長時間運転や急ブレーキ時にお知らせ!

危険挙動があった際に、最大5人までメールでお知らせします。

Ever Drive サービス開始までの流れ


契約申込書類をご郵送いただいてからサービス開始まで3〜4週間かかります。

※ 取付作業の実施可能日は、月~土(※祝日を除く、9:00~18:00)となります。
具体的な日程は取付作業店から連絡し、調整させていただきます。
日程調整後、取付作業店がご指定場所に訪問し、専用デバイス取付作業を実施します。(作業時間約30分~1時間程度)

関連記事