最近、お父さんの車に新しい傷が増えている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガミガミ追及するのはNG、まずは状況把握に努めよう

どんなベテランドライバーでも加齢による運転能力の低下は避けられません。
「年をとってから車庫入れが苦手になった」という高齢ドライバーは多く、車の角をこすったりぶつけたりして、運転能力の低下を自覚するきっかけになるようです。

しかし、他人や、特に家族からそれ(駐車が下手になった、運転が危なっかしいなど)を指摘されるのは我慢のならないことです。「俺は何十年も無事故なんだ!」と開き直り、しまいには大ゲンカになるのはよく聞く話です。子供の方も、二度と親には運転のことを話すまい、と堅く誓ったりします。

親の運転に不安な傾向が出てきたら、ガミガミと追及せず、まずは状況の把握に努めることが大切です。自損事故、接触事故、そのうち人身事故といった大きな事故に発展しては大変です。親御さんは今、どんな運転をしているのか、いつもどんな道を車で走っているのかと、また視力は低下していないか、いつも飲んでいる薬は運転に影響を与えていないか、運転に関わる情報を集めて対策を考えましょう。

水平視野の確認ができる!参考サイトをご紹介します。
「年齢とともに変わる目の機能」(ホンダ セーフティシニア)

運転の状況を把握するには

車にかすり傷などが増えてくるのは、「そろそろ運転の卒業時期を考え始めよう」というサインです。家族は「大きな事故を起こす前にやめてもらいたい」と思うものですが、もしドライバー本人が「まだまだ」と思っている場合、このギャップが家族間に重くのしかかってきます。親御さんが運転している限り、家族はずっと心配を抱えることになります。

そういう心配を軽減するのがEver Driveです。
Ever Driveを付ければ、事故につながるような運転をしているかどうか、データで分かります。もし、思ったより安全運転をしていることが分かれば、家族の心配はぐっと減るはずです。逆に、不安材料が出てきたら、データをもとに親御さんと話し合うことができます。

Ever Driveを取り付けることを嫌がる親御さんには、「お父さん(お母さん)の運転が心配だから・・・」と言うのではなく、「お父さんが事故に巻き込まれり、被害にあったりするのが心配だからEver Driveを付けよう」と見守りたいという気持ちを伝えてみてください。

親御さんが気持ちよく運転が卒業できるよう、Ever Driveがお手伝いします。

分かりやすいグラフと数字で運転状況を表示します。

スマートフォンで運転の状況を確認いただけます。

Ever Driveの仕組み

Ever Driveは、高齢者安全運転支援研究会の認定サービスです。
Ever Driveは、車両に取り付ける専用デバイスでドライバーの運転状況をリアルタイムに検知。日々運転していると気づきにくい危険な運転挙動、車両の現在位置や走行ルートを可視化します。

お申し込みの流れ


※契約申込書類をご郵送いただいてから専用デバイスの取り付け(契約開始)まで3〜4週間かかります。
※ 取付作業の実施可能日は、月~土(※祝日を除く、9:00~18:00)となります。具体的な日程は取付作業店から連絡し、調整させていただきます。日程調整後、取付作業店がご指定場所に訪問し、専用デバイス取付作業を実施します。(作業時間約30分~1時間程度)

まず、お客さまのクルマが Ever Drive に対応しているか対応車種診断でご確認の上、お申し込みください。

お支払い方法

お支払いは銀行の口座振替(引き落とし)、もしくはクレジットカードから選択いただけます。

お支払日は、銀行口座からの引落し日の場合は毎月末日、
クレジットカードの場合は、ご選択いただくカード会社の決済日となります。

料金は後払いです。

VISA
(ビザ)

MasterCard
(マスターカード)

JCB
(ジェーシービー)

AMERICAN EXPRESS
(アメリカンエクスプレス)

DinersClub
(ダイナースクラブ)

公式ホームページ

Ever Driveの効果実証データなどは、公式ホームページをご確認ください。

あんしん運転見守りサービス Ever Drive あんしん運転見守りサービス Ever Drive

関連記事